2014年09月23日

お別れの秋

今年の夏は短かった。

それは紛れもない事実。

いい歳して夏が好きだというのもなんだが、くそ寒い町に住むと永遠に夏でも良いと思う。


長年愛用してきた車とついにおさらばする日が来た。

買った時にはこんなに長くのるハメになるとは思いもしてなかったが、こうしていざお別れを迎えると何か複雑な気持ちがわいてくる。

どんな時でもそこにあって、それは家とはまで言えないが、車社会の田舎にとっては車は生活の一部。

新車特有の香りがいつしかその人の家の匂いとなり、カラーとなる。
ほろ苦い傷も磨いたボディも歴史を現わす柱の傷だ。

雨の日も雪の日も春夏秋冬、家のそばに佇む姿は自分の人生の中にしっかり刻み込まれた。

大事に乗った分、思い入れもまたひとしおだが、次はもっと早く次に代われるよう頑張ろうw

ともかく長い間支えてくれてありがとう!

廃車になると聞いて感慨深いが、ワンオーナー愛されて閉じる生涯もまたいいではないか。
タグ:熱帯魚
posted by ひろ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

秋か

用水路から水が消えた。

まさかもう稲刈りとか言い出すんじゃないだろな。

田舎の四季の流れは異様に早い。そして特に冬が長い。

昔は夏から秋への移り変わりが特に好きで、秋の銀杏並木の眩しさは何よりも心を癒したものだ。

今では遺伝子に異常を来したか、一年中暑くてもいいくらい。

寒暖の差が激しく春と勘違いしたカエルが、庭でケロケロ泣き出すのもこの季節。
また春に戻って今年の夏を過ごしたいなあ。


2013年9月4日総合1位獲得!フレッシュ みかん 柑橘 果物 家庭用 熊本 訳あり フルーツ 2セット以...
タグ:熱帯魚
posted by ひろ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

冷夏

秋かと思う肌寒さ、そして梅雨を思わせる鬱陶しい雨。
せっかくのお盆休みも苔が生えそうな気分。

でもようやくサマソニも近づいて少しずつ気分も上昇気味。

果たしてアーティックモンキーズかA7Xをとるか。

昼間のヴィンテージトラブルとクルーウェラで燃え尽きてこようかな〜。
久しぶりのブログだあ。
タグ:熱帯魚 お盆
posted by ひろ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

一区切り

目標としていた試験が終わりました。

午前2時間、午後3時間の試験。

たったこれだけの時間の中で、数年間頑張ってきた答えを出し切るのは簡単ではありませんでした。
まだまだ苦労しなさいと、そんな声が聞こえてきた気がします。

今置かれている立場を考えればよく頑張ったよと、自分自身に言い聞かせ、だから今日だけはしばしご無沙汰してた好きな音楽でも聴きながら酒でも飲もう。
そしてまた新たに明日から始めよう。

人生を変えるのは自分を変えるくらい難しい。
ひょっとして変わらないままかもしれないが、それは誰もわからないから。
posted by ひろ at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

刺激的

牛乳をがぶ飲みしたら天国への階段が見えた日曜日。

原因は乳糖不耐症というらしく、ヨーロッパ人では僅か10%、アジア人では驚きの80%がその症状に悩まされるらしい。
ワールドカップで勝てない理由がつかめてきたぞ。

トイレから出た自分の姿がムンクの叫びに酷似していて牛乳パワーも思い知らされた夜。

スマホのアプリから初投稿。
明日からまた一週間。
ガンバレ日本!いや俺。
posted by ひろ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

SALEに弱い

さり気なく梅雨入りした関東甲信越。

暑さに油断してたか、夏突入の半袖仕様が仇となり、短パン&長くつ下というパリジェンヌも真っ青な部屋着も限界なんで、スウェットスタイルに戻しました(´゚д゚`)

やはりこの格好にはマグカップがよく似合う。
間違ってもビールにエビスはダメだな。
いくらか苦い発泡酒でもう十分なんだよ。

その昔競馬場でみかけたワンカップに柿ピーのおじさんたちが、最近手招きしている姿が近くに見えてきたよ。
待つんだ俺、まだ行くな俺。


そういえば最近こんな出来事が。

安さに食らいつくのは貧乏人だけじゃないのが不公平な世の中。

その代名詞と言える楽天スーパーセールの目玉商品を初めて購入できた!

ケルティデイパック

ケルティのリュック、2トーンデイパック!
色についての感想は求めません(´・ω・`)
「迷子にならなそうですね」とかはいりませんから。

そろそろサマソニのチケットでも買うか。


【特別価格の為、返品不可】【Special Sale】ストリートで大人気のKELTY豊富なカラーでスタイル...
posted by ひろ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

早い月日

もう5月も下旬だと思うと本当に早い。

寒かった時期は恐ろしく長く感じるのに、こうした陽気はあっという間に過ぎてしまいそう。

自身の目標もいよいよあと一か月ちょっとに迫り、毎日が落ち着かないが、
でも慌ててもまだ夢の先は長いのだから、少し落ち着いて現実をみなきゃいけない気分にも駆られる。

来年の今ごろはまた違う自分でいてみたいなーと毎年行ってる気がするな。
ブログも知らないうちに7年。

筆まめ。
タグ:5月 熱帯魚
posted by ひろ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

コシアブラとロックフェス

連休中、深夜信号が点滅するわが町でロックフェスがあったらしい。

しかも三日間。
>>http://otosata.net/

アーティストの皆さん、どうもスイマセンでした、と誤ってしまうのは何故だろう。
近くにはファーストフード店すらない場所で、唯一の自慢は立ち食いそばだなんてあんまりだ。

日曜祝日休みのコンビニも結構ポイント高いけど、CoCo壱番屋があったはずの場所に「山のお土産屋」が佇む姿に気絶した。

コシアブラ

そんなカントリー色いっぱいなわが町で、本日この季節自慢の逸品コシアブラを食べました。

タラの芽みたいな人気の山菜。

コシアブラ
※この画像はwikipediaより転載

山にはこんな感じで生えています。

天変地異が起こっても生き残る自信が自然と備わる自給自足ライフ!

来年もあるかなロォーックフェスティバル!!
諦めないで、みんな。


山菜こしあぶら朝採り発送早期ご予約販売(着日指定は出来ません)発送は4月下旬頃〜5月初<山...
posted by ひろ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

フェス満開日本

密かに期待していたArcade Fireがあっさりフジロックに決定し、
おおおおおおおおおおおおお〜を歌えない寂しさでいっぱい。
>>http://youtu.be/TZD7CNRSq28

しみじみと今年のサマーソニックのライナップを眺めた。
二日目は無いものと考えて、やっぱりGHOSTとトキオで笑うのもありだよなーと自分自身に言い聞かせる。

ところが毎年恒例の参加者に相談すると、意外とポジティブな反応でびっくり。
彼曰く、「真夏に音楽に浸る」ところに意義があるらしい。

アクモン、フェニックス、なんとかラスベガス。

ようやく満開になった窓の外の桜を眺め行く気に火が付きだしたぞ。

秋以降のフェスにも重大発表が続出。

ラウドパークにノットフェス。

>>http://www.loudpark.com/14/
>>http://knotfestjapan.com/

ソイルワークは見たいが、やはりKORNが出るノットフェスに決まりだろ。

夏と秋に向けて精力鍛えないとな!
いやその前に勉強しろと。


【全品ポイント10倍!〜4/28(月)9:59まで】【送料無料】【サンワサプライ直営店】ポータブル...
posted by ひろ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

回帰

お世話になった人が癌を宣告された。

どんなに冷静な言葉を並べても本人や家族の気持ちは図れない。

ただ息をして繰り返した毎日が突然かけがえのない一秒に代わる。
それほどにそれがどんな病気かわかるし、自分が自分であった時間に終わりを感じる辛さは言葉では言い尽くせない。

「ただ息をして」なんて言ってみたものの、自分を少しだけ遡ってみただけで、刻まれた年輪に存在を実感する。

それもまた生きているからこそ。

この世に生まれてこの目で見て感じるこの世界は自分だけのものであって、自分以外の存在はやはり自分以外の世界でしかない。

その自分が亡くなるということは、世界もまた消えてしまうわけで。

でもそこで残した自分の血に未来を繋ぎ、遠いどこかで自分をかんじていくんだろうか。

そう考えたらそれも悪い世界でもないが、やはり何とも言えない悲しさは隠せない。

人は誰でも死ぬものだと言ってみても、先が見えないから言える言葉だと思うんだ。

時間のある限り自分として生きて、そしてゆっくりしてほしい。
タグ:熱帯魚
posted by ひろ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする