2015年02月01日

痛ましい事件

お茶

納車が遅れたお詫び品の中にこんな一品が紛れていた。

世の中には想像を超えた痛ましい事件が続出する中で、
せめてこれくらいお客の気持ちを逆撫でする余裕が欲しい気もする。

だが本来ならば去年の10月に乗っている筈の車が何故今になっても届かないんだ!


驚くニュースと同じレベルで驚くのがわが町の最低気温。

フリースの上にライトダウンを着込み、仕上げに半纏を羽織る和洋折衷で勝負に挑む。
それでも完敗気味の部屋の中。
春を待つその気持ちは希望でなく切望。

そして驚いたのはフジロックの第一弾ラインナップ。
>>http://www.fujirockfestival.com/

いいなあ。
フーファイターズでかいところで見てみたい。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】[日めくり]まいにち、修造! 心を元気にする本気の応援...
posted by ひろ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

時代に遅れる

PS3を久しぶり起動し何となくYouTubeを開いた。

パソコンだと見るのに苦労しないのに、PS3だとコントローラーで検索しなきゃならなくて不便この上ないんだよなあ。

すると画面に「スマホで検索した動画が転送できます」というような意味不明な文字が!

俺のスマホで開いたYouTubeがPS3のYouTubeに転送される?

仕組みは全くわからないが、ネットで調べた方法通り設定してみるとあら不思議。

スマホで再生した動画がテレビで再生されているぞ!!
どういう仕組みなんだこれは!

驚きの大画面でみたコーンのPVはトラウマになりそうでした。

詳しくは下のページを参照に
テレビでYouTube見るためにPS3をiPhoneで操作したら検索とか快適すぎて便利この上ない

ってもう世の中じゃ当たり前のことだったのかな。
俺の知らないところで宇宙旅行も目の前だ。


【送料無料】象印布団乾燥機 「スマートドライ」 RF-AA20-AA ブルー [RFAA20AA]【動画有り】
posted by ひろ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

20年

阪神大震災から20年と聞いて驚く。

あの日某局のソファで徹夜明けで仮眠をしていて、
ふとつけたテレビに映ったまるで戦争が起きたような空撮に、
これが日本で起こっていることだとは夢にも思わなかった。

未曾有の大災害。

まだ記憶に新しく感じることも20年という月日の経過に驚くばかり。

20年前の自分にしてみれば凍てつく寒さの中、家でこうしてる自分も想像だにしてなかっただろうなあ。

失ったものも大きいが、得たものはかけがえのないものだった。

20年後の自分を想像したくもないが、きっと驚くことをしてるんだろう。
ラベル:震災 熱帯魚
posted by ひろ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

2015年

今年も初日の出からスタートした2015。

初日の出初日の出

10年にも及ぶ歴史の中で初日の出の見れなかった年はなかった気が。
この一時間後には天気は雪となり、初日の出が嘘のように荒れてしまったんですが。

ともかく無事に新しい年を迎え、また新たな気持ちで一年頑張ろうかとダラダラ思ったりします。

先行く道は険しくとも、限られた時間の中で自分らしく生きられるように。
何だか最近言うことが年寄りじみてきましたが、気持ちを切らさぬようにやっていければと思います。

すっかり更新が途切れたブログもまた継続できる環境になりますように。

長い冬を耐え抜こう。
ラベル:熱帯魚 2015 新年
posted by ひろ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

2014

2014年もついに明日が大晦日。

一年の終わりと始まりを何年も繰り返してきたのに、毎年この時だけは何か特別な気がします。

窓の外はもう何日も白く、一年を振り返るにも遠い昔のような気もして。

辿った記憶でもやはり今年は初めて司法書士試験を受けたのが一番だったでしょうか。

合格率2.8%の壁は想像以上に厚く、遠く、そして何より無謀にも思えますが、
ここまで自分が過ごした甘えた時間を考えれば、それにかけるのも悪くないと感じました。

9月には身近な人が亡くなり、人の死に対する気持ちがまた変わったように感じました。

ありきたりだけど「ありがとう」という言葉一つ言えなかったことが悔まれてなりません。

満開の桜並木を歩くことも、夏の陽ざし焼かれることも、虫の鳴き声もそしてこの冬の寒さも、
息をしなくなった途端、途絶えてしまう儚さに、人の残り時間に期限があることを実感しました。

2015年の今頃は何をしてるのかな、という楽しみよりも、
一日を大切に、そしてお世話になった人たちに早く恩返しができたらと思います。
ラベル:熱帯魚 2014
posted by ひろ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

暖冬はいずこ

エルニーニョだか何だかで暖冬でぬくぬくした冬を想像していたら、
例年にない寒い12月、雪、氷、そして今夜も雪雪雪。

明日急遽仕事となった身としてはこの上ない苦痛に他ならない。

誰を恨んでも仕方がないが、暖冬という言葉はわが町には今後永遠に通じないと肝に命じておこう。

一杯飲みながら今年一年を振り返るなんて気分にならず、
ただただ降りしきる雪にため息をつくばかり。

早く夏よ来い。
posted by ひろ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

寒い12月

寒すぎる。

こんなにも寒い12月を過ごしたのは記憶がないなあ。

峠を登り始めると雨が雪に変わり、頂上では真っ白なんて光景は連日のようで。

家の中でスウェットの上にフリースを着たり山小屋かここは!と叫びたくなる。
いつ降ったか雪は全然溶けないし、このまま年越し迎えてしまうのかな。

近所のラーメン屋で飲んだ生ビールが今年一番美味かったのはなんでだろう。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドを聴きながらストーブにあたってるけど、これ1967年に発売されたんだね。
ちなみにその年の日本の流行語はボインだって(笑)

50年近く前に発売されても尚、新しくも感じるあたりやっぱり凄いなあ。
来年の今頃は何を思ってるんだろう。

過去にこだわるには、人生はあまりにも短すぎる。
僕は未来を見つめたい(ルー・リード)
ラベル:熱帯魚 12月
posted by ひろ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

12月に

だいぶ放置が続いた間にすっかり冬が本格的になってしまった。
今日一日を通してずっと氷点下だったんじゃないだろうか。

こんな中でも外に出れば何かしら鳥の声が聞こえたり、まあ自然は当たり前のように一年を過ごしているわけだが、寒くて得をしたことが一度もない自分にとって、最も嫌いな季節がやってきたことに諦めきれない気持ちが湧いくる。

今年は初めての試験があったりと、自身の中でもまた一つ流れができた年でもあった。

勉強にかけるほど中途半端な気持ちだった若かりしき日々を悔んだりもしたけど、
日々少しづつ前に進む自分を実感して、まだまだ行けるんだと嬉しく思ったりもした。

しばらく疎遠になってしまった人たちに、今のことを大袈裟に語りたいけれど、
でももう少し、本当に変われた時に自信をもって語りたいとも思う。

去年の今頃はどんな気持ちだっただろう。
そんな感傷的な気分に浸るのもこの季節特有のものだろか。

真夏の太陽の下でカクテル片手にへろへろしていたいぞ!
来年の夏よ早く来い。


ジャガイモで皮を作ったモチモチぷるんな食感が絶品です。《じゃが豚 佃善》業務用 1Kg(36玉入...
ラベル:熱帯魚
posted by ひろ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

残り一か月

早いものでいよいよ明日から12月。
今年もあと一か月という本当に短い一年。

何やら週明けから寒さも本格化するらしく、一年の半分は寒いこの土地が、また一段と嫌いになる季節の到来。

昔は冬になれば服が沢山着れて楽しみだったのにね。
その割に今のが厚着っていうのがまた不思議なお年頃。

ともかくあと一か月頑張って、一区切りしたらまた来年、目標に向けて頑張ろう。
ラベル:熱帯魚
posted by ひろ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

爪切り

18の頃、独り暮らしを始めた時に初めて買った爪切り。

ずっと前の出来事な筈なのに覚えてる。
人生の中でかなりどうでも良いことなのに、何で記憶に残っているんだろうか。

その後、そこでバイトすることになるLAWSONの生活コーナーにあったピンク色の爪切り。

幾多の引っ越しにも耐え、どんな時も俺の爪を切り続けた愛用品の代表格。

そんなマイ爪切りとの別れはある日突然やってきた。
いつもある筈の場所から姿を消してしまったのだ。

普段からそこに常備されているものほど、無くした時にどこへやったのか皆目見当もつかないもので、
探す宛すらイメージできぬまま無情にも爪切りたいリミテッド間近。

仕方なく新しい爪切りをゲットしたものの、やっぱり馴染むまでにはまだ3年はかかるものだと痛感。
人の習慣というか感覚ってのは恐ろしいものだ。

ともあれこの爪切りはひょっとした死ぬまで使うかもしれないんだから、大切にしておこう。


★8年連続グルメ大賞受賞!★お節ランキング168週以上1位達成!人気おせちがたったの2分で完売!...
ラベル:熱帯魚 爪切り
posted by ひろ at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする