2015年08月16日

summer sonic2015

SUMMERSONIC2015

毎年恒例となったSUMMER SONIC2015初日に今年も行ってきました。

1年で最大の楽しみ。

1年は短いようで長く、でも楽しい時間はあっという間に過ぎるもの。

今回で何回目だろう、回数を重ねるたびに歳もとっていくわけだけど、
それでも絶えない好奇心や趣味はいつまでも衰えたくない部分です。

さて、今回まわったアーティストと感想をざっと紹介。

Dinosaur Pile-Up
いつもはマリンスタジアム直行も今回は半日をマウンテンで過ごす低燃費スタート。
マウンテンの一番手、ちょっと違うかもしれないけどバリバリのグランジでニルヴァーナを感じさせる音楽でした。
サマソニに来たな!と感じさせてくれた良バンド。

androp
邦楽にも興味を持ちだした2015。
十数年ぶりに邦楽アルバムを買ったのがandropでした。
まず驚いたのがサウンドチェックにメンバーが普通に出てきたこと。
ヒット曲連発で盛り上がりも凄かった!
Shoutで涙。

MARMOZETS
女性ボーカルのヘビー&ロック。
アルバムを聴いてみたくなった今回の掘り出しバンド。
知らない人も迫力に圧倒された感大。

BLUE ENCOUNT
またしても邦楽バンド。
そしてサマソニで初めてレインボーステージ行きました。
ボーカルの兄ちゃんの笑顔が素敵。そしてお客もメンバーも若い!
想像以上に演奏も上手く、メロディも良くノリも良くてサマソニの良さを痛感。

MACKLEMORE & RYAN LEWIS
15時過ぎにようやくマリンスタジアム到着。
いつもの焼かれる陽ざしも今回はそれほどでもなくスタンドから観戦。
ラップは初めてだったけどお客さんのノリ方がかっこよかったw
アイルランド出身なのかアイリッシュな感じの曲が良かった。

ARIANA GRANDE
圧倒的な歌唱力。
凄いの一言。

人気も凄いのか登場した瞬間、最前の女の子たちが号泣してたのが驚きました。
ヒット曲連発の後半は凄い盛り上がり。
サマソニだからこんな間近で見れたんだろうなあ。

THE CHEMICAL BROTHERS
今回お目当てでありベストアクトでした。
時間が短いせいなのか前半の盛り上がりがイマイチだったのと、Swoonがあの位置ってのがなあ。
途中曲がよくわからなったところもあって、呆然と立ち尽くす人がいたけど後半の怒涛の選曲は最高の一言。
昔から好きだったケミカルを見れて満足な夏。
ありがとうサマソニ。

というわけで今回はズシんとくるアーティストはなかったものの、どれも良くて大満足な一日でした。

来年は果たしてどんなアーティストが来るのかな。
それもまた楽しみであり、また違う自分になっていられるように誓う一年です。
posted by ひろ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | SUMMER SONIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック